流しの二人

  • Author: 流しの二人
  • ここにゃ何もありゃしない。




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

[LIVE] 2015.05.10 / 横浜O-SITEプレゼンツ福山芳樹リリース記念アコースティックライブ / 横浜・O-SITE 

【セットリスト】

 00.マグノリア (Piano) ※イントロ失敗→後回し
 01.I LOVE YOU (Piano)
 02.Nightingale (Piano)
 03.My Melancholy Blues (Queen / Piano)
 04.Mr.アップルヘッド (12-strings A.Guitar)
 05.風と木と光の街で (12-strings A.Guitar)
 06.雪解け (12-strings A.Guitar)
 07.クランベリー・パイ (12-strings A.Guitar)
 08.夢をごらん (Piano)
 09.素晴らしい世界 (Piano)
 10.陽だまりの天使 (Piano) ※Whole Note Down
 11.マグノリア (Piano)
 12.Blackbird (The Beatles)
 13.Yesterday (The Beatles) ※Whole Note Down
 14.ビキニの空の消えない火 ※Whole Note Down
 15.黒い瞳のネロリー
 16.風と風
 17.雪の日に
 18.そろそろ帰ろう (12-strings A.Guitar&Vo:福山芳樹 A.Guitar&Vo:てつろう)
 19.こもれび (森田哲朗 / A.Guitar&Vo:てつろう 12-strings A.Guitar:福山芳樹)
(=ENCORE=)
 20.白い森 (A.Guitar&Vo:福山芳樹 12-strings A.Guitar&Cho:てつろう)
 21.しあわせの涙 (A.Guitar&Vo:福山芳樹 12-strings A.Guitar&Cho:てつろう)
 22.この空の下に君がいるから(Piano&Vo:福山芳樹 A.Guitar&Cho:てつろう)

 18~22 Guest Musician:てつろう

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

半年以上ぶりに福山さんのライブに行ってみた。
某作業が16時過ぎまでかかったんで、開場にギリ間に合わず。 こういう時に限って番号良い罠。

『アップルヘッド』 のAメロですらキツいっつうわけで、本日の福山さんのコンディション、めちゃズイマー。
近年は比較的イイ調子だったので、これほど声の出ないライブに遭遇するのは、わりと久しぶりだ。
後半は随分とてつ兄さんに助けられていた様子。

演目はかなり"置きにいった″印象。 ヌルい時のショッパーズ感があるっつうかなんつうか。
ポールライブの良い影響があるかなーとも予想していたのだが、それほどでもなく。
2時間半以上やるならこの曲数は少ないし、コンディションに見合わない曲が多すぎる。 こういう時に 「意外性」 でカバーするという方向に行かないのは、昔から残念に思うところだな。

『マグノリア』 は大分イントロに苦戦したようだが、『I LOVE YOU』 や 『Nightingale』 のピアノバージョンはサラリと弾けていた。 この辺りは、練習して臨んでいると思われる。

『ネロリー』 は原曲とやや印象が異なるイントロ付き。 なるほど、そういうのもアリだなあ。
あと、コードの確認をした。 やはりモノホンを見て学習するのが一番ですヨw。

コンディションの悪さが逆に良い方向に働いたと思われるのは、『風と風』 。
なんか、ドえりゃーロック。 この無理くりな叫びっぷりは、もはや別の曲とも思えたが、今日の曲の中では最もグッとキタ。
しかし、『マグノリア』 や 『素晴らしい世界』 は、もうちょい調子のイイ時に聴きたいゼ。



福山さんのライブとしては、平均以下、点数を付けるなら、45点くらいの満足度。
みたいなことを書くと、なんだかカラい感じだが、まあ致し方ない。
いかなる状況下でも 「良かった」 探しをして賛辞を贈る、というのが大人な 「国民」 の務めなのかもしれないが、王を甘やかすだけでは、ゆくゆくは国民自らの首を絞めることにもなりかねない (現状もまーまーそれっぽいことになってるんじゃねえのかと、拙者は思ったりするのだが)。
良し悪しを判別できる五感を磨きたいもんである。
スポンサーサイト

[2015/05/10 23:59] LIVE | TB(0) | CM(0)

[CD] ハテナキ闘士 

ハテナキ闘士

予想通り、”見えてる地雷” だたぜ・・・。
そもそもリアル店舗で売ってるところが非常に限られる段階で、「買うな」、ということなのかもしれん。
ちなみに拙者は新宿とらで購入 (ちゃんと隣に 「マグノリア」 を置いてくれていた)。

続きを読む
[2015/03/26 08:28] CD/DVD | TB(0) | CM(2)

[G] ありふれた奇跡待つだけ 

これはギター弾きたくなる曲だわー (再) 。

『マグノリア』 はピアノ、『風と風』 はオルガン、 『ジャングルジム』 のコード譜は昔既に書いたし、『モヘンジョダロ』 はスラップでエレキだしコードだけ弾いても面白くねーしってことで、『ネロリー』 と 『長い祈り』 くらいだなあ、書いとくべき曲は。 もちろん、テケトーだがね。

続きを読む
[2015/03/23 13:00] G | TB(0) | CM(0)

[G] ずっと続けこの道 

これはギター弾きたくなる曲だわー。
なお、ケータイ表示だとコード位置が歌詞とズレるんで、PC表示推奨。


続きを読む
[2015/03/23 13:00] G | TB(0) | CM(0)

[F] 奇妙な海老 



ミステリヲタ的観点からすると、アノマロカリスといえば、「化石少女」 !!

「イクチオステガ似のイケメン」 など、独特の表現が登場する本書だが (舞台も 「ペルム学園」 だったりして、「ガンプラ学園」 と良い勝負なセンス爆発)、頻出するカタカナ名詞をWEBで検索しながら読了すれば、アラ不思議。
古生物ヲタ道に入門できる、かもしれない。

[2015/03/19 03:07] F | TB(0) | CM(0)

[F] 君はマグノリアの花の如く 



観るかどうか、丸1日散々迷ったが、結局観てしもうた。 チクショー!w

ああ、これがきっと、『想い出をこえて』 だ。


続きを読む
[2015/02/21 20:20] F | TB(0) | CM(2)

[F] マグノリア 

非王国民となった拙者なのだがw、新譜の情報が出始めると、やはりワクワクするもんダス。
てことで、久しぶりに、少しだけ文章を書いてみる気にもなったりするんである。
そんなマグノリア景気。


続きを読む
[2015/02/15 04:15] F | TB(0) | CM(0)

[LIVE] 2014.10.19 / FIRE BOMBER 2014 BASARA EXPLOSION / 神奈川県民ホール 

おっす久しぶり!





てことで、ライブも久々。 神奈川県民ホールに行って来た。
曲目は少なかったが、演出などの都合上、トータルでは2時間50分くらいと、福山標準タイムな感じのエクスプロージョン。


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

【セットリスト】

 [CAUTION! (UTA BASARA)]
 [OPENING NARRATION]
 [SEVENTH MOON (TV Size)]
 [FIRE BOMBER (RAY, Mylene, Veffidas) OPENING MC]

 01.INTRODUCTION (KOE BASARA MC [俺の歌を聴け!! 2014 神奈川県民ホールVer.] )
   ~ PLANET DANCE
 02.HOLY LONELY LIGHT
 ~MC~
 03.突撃ラブハート (Original Key [ =B♭] Ver.)
 ~MC~
 04.SEVENTH MOON
 05.SUBMARINE STREET
 06.REMEMBER 16 (Electric Band Ver.)
 ~MC~
 07.MY SOUL FOR YOU
 08.PARADE (NEKKI BASARA Viorin Guitar 使用)
 ~MC~
 09.NEW FRONTIER
 ~MC~
 10.FEEL UNIVERSE
 ~MC~
 11.PILLOW DREAM (Acoustic Solo Guitar Ver.)
 ~MC~
 12.MY FRIENDS
 ~MC~
 13.ヴァージンストーリー

 [INTERLUDE 1]

 14.LIGHT THE LIGHT
 ~F-BANDメンバー紹介~
 15.Burning Fire
 16.STARLIGHT DREAM
 17.POWER TO THE DREAM
 ~MC~
 18.TRY AGAIN

 =ENCORE=

 [INTERLUDE 2]

 19.HEART&SOUL (EMILIA with BASARA NEKKI)
 ~MC~
 20.DYNAMITE EXPLOSION
 ~MC~
 21.ANGEL VOICE

 [END ROLL]

 ※11~13 Guest Vocal : チエ・カジウラ
 ※19 Guest Vocal : 奥土居美可

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
続きを読む
[2014/10/19 23:59] LIVE | TB(0) | CM(0)

[LIVE] 2014.06.22 / YOSHIKI FUKUYAMA LIVE TOUR 2014 "鵺の森" / 東京・TSUTAYA O-WEST 

羊がいない。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

続きを読む
[2014/06/22 23:59] LIVE | TB(0) | CM(0)

[CD] 鵺の森 

鵺の森

毎回アルバムやシングルが出るときはそうなのだが、各方面からの 「感想早く書けよ」 的な圧が凄いんすケド。
つことで、感想のつもりで書いたが、解説だか知ったかだかなんだかワカラン風な文章になったw。
イイカゲンなことも多々書いていると思われるので、他で転用しないようにw。

続きを読む
[2014/05/25 03:24] CD/DVD | TB(0) | CM(0)

[F] その森は深く、あの道は遠く、この空は高く 

「鵺の森」、 フライングゲトー!!
↓の 「続きを読む」 以下の追記領域には、若干のネタバレ (特にビジュアル的な) があるので、一応注意。

続きを読む
[2014/05/20 12:47] F | TB(0) | CM(0)

[F] 遠くで鵺の啼く声が聞こえる 

鵺ツアー、「今までにないユニークな曲順」 だとッ!? ムハー!

オープニングからピアノ、とかかすらん。
すなわち、いきなり 『ある月夜』 かもしれん!!w

普通エレキだと、頭の方は大体 "勢い系" だからナー。 こないだ (っつっても1年も前だが) は 『ジェラシー』 で、まあまあ変化球だたが。
まったり始まりってのも、たまにはいいかもしれん。 が、それは果たして盛り上がるのか!?
いや、拙者の勝手な予想なので、アレだけども。

つことで日付変わって、ヌエFG日到来。 なんかもう既にワクワクが止まらん。
最近は、お出かけ先でピアノを見つけると、思わずヌエのAメロをグルグル弾いてしまう病に苦しめられておりますw。

[2014/05/20 00:07] F | TB(0) | CM(0)

[F] 夕闇にキラキラ光る 

『一番星』、現時点で原曲をちゃんと聴く術が、ゲームを買うしかねぇというのが、非常にモニョる。
しかも、エンディングまでプレイしなきゃならんしナー。
ニコ動にあるのも、サビだけのと、ラジオのトークの後ろに流れてるヤツだけだし。

なんつうか、セルフカバーを聴いたときに、「原曲からココがこんなにフクヤマン風に変わったヨ!」 的な発見をしたいのサ。
・・・ぐぬぬ。

『一番星』 は3曲で唯一、コーラスが炸裂する曲になる予感。
『鵺』 と 『サナギ』 がコーラスを入れずにスッキリしたボーカルを目指しているのは、「個 (ひとり) 」 の歌だからなんじゃないかと思われる。 暗と明、両極ではあるけれど、どちらも孤独。
なんとなく 『風のシンフォニー』 風になりそうな 『一番星』 なのだが、そこはやっぱり、ズギャギャッと裏切って欲しいw。
CDは結局予約しとらんが、ポスターいらんし、フラゲ日に都心のどっかでフラッと買う予定。

そんなわけで、鵺ツアーのチケットも到着する今日この頃なのだが、安定の中途半端番号。
もはや普通のエレキツアーなら、王国先行で買わんでもいい気が、強くするw。

[2014/05/15 23:57] F | TB(0) | CM(0)

[MUSIC] Kanon  



G・ウィンストンは、「技巧」 というより、「味」 の人だ。
この 『カノン』 も、そんなに上手い演奏じゃあない。
けれど、なんかイイんだよ。
シンプルで弾き易い、良いメロディを紡ぐしな。
そういう 「味」 の部分と 「頭音の打鍵の強さ」 って特徴は、どっかのアーティストと近しいもんを感じたりもするのだw。


ところで、
『サナギ』 ってば、色んな意味で 「カノン」 的じゃんよ、とか思うのだった。
これはおそらく、狙ってやってるに違いない。
『鵺』 が変化球であるなら、その対になるものは王道 (ベタ)、というのが、お互いに対比が効いて、いいバランスになるしな。 ベタな展開 (あるいは、作曲家としての "禁じ手" とも言う) を避け続けたとしても、タイミングとシチュエーション次第じゃ、グルグルッと廻って、その境地に辿り着くなんてことも、あるもんだ (憶測)。

そして、実は 『一番星』 も、 『サナギ』 と構造上の類似性があるわけで、この三つがひとつにまとまるってのは、必然なのかもしんない。

[2014/05/10 21:24] MUSIC | TB(0) | CM(2)

[F] ただ、一輪の花が咲く 



ああ、サナギの2番は、そう繋がるのか!!
素晴らしいじゃないか!

てことで、WEBラジオ 「2h」 を観た(聴いた)。
『サナギ』 がフルで流れたわけだが、予想を裏切る見事な展開の連発で、震えた震えた。
ああ、この終わり方なら、いい (しかしこれはある意味、「フランダースの犬」 だと思ふw)。

それ以外に目新しい情報はそれほどなかったなw。
石ノ森萬画館のイベントは、福山さん、トークショウにもシークレットで出るそうな。
それ、言っちゃっていいやつなん?w

続きを読む
[2014/05/09 20:03] F | TB(0) | CM(0)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。