流しの二人

  • Author: 流しの二人
  • ここにゃ何もありゃしない。





スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

[DVD] 熱烈!アニソン魂(スピリッツ) Vol.2 「アニたまLive」 at EAST 

anitama2.jpg


通して見る時間がないので、福山さんの歌う2曲以外は流し見でつ。

そんな中、やっぱり「ルパンのテーマ」(ひたすらルパンルパン言うやつ)は笑うって。
ダバダバダバダバダ~。

さて、んでは福山さんの歌う2曲はどうだったかっつーとですね、非常によろしいんじゃねぇーでしょうか。まだパーマ全開だった頃の映像は保存版にしておくのがフクヤマニアのタシナミともいえましょう。
先日のライブではもうかなりパーマの呪縛から開放されておりましたし(w

(゚Д゚) いや、パーマの話はどうでもいい…!(いいのか)

『SEVENTH MOON』。
アコギ(TACOMA)一本の弾き語り。
Cメロまで入ったライブバージョンを聴くのは初めてだたので、今回の収録曲の中では一番楽しみにしてますた。
ラジオやコロラドで歌われた時のバージョンは1番で終わりでありましたからな。

演奏の内容は期待に違わぬ良いデキだと思いまふ。
この曲の歌い方に関しては色々と逸話(「ロングインタビュー本」 P.9参照)があったりしますが、今回も1番と2番の歌い方が違う…!(w
しかもCDとも違った歌い方ですので、CDで散々聴き込んだ方も新鮮な気持ちで楽しめる、かもしれません。
期待した半面多少の不安もあったCメロも、今の福山さんらしい感じに上手く収まっており、良い良い。

え? 歌詞間違い?

ないわけがない!(力説)

今回は録り直しなんてしていない、男気溢れる仕様ですから!



続きまして、『ANGEL VOICE』。
こちらもアコギソロバージョン。

正直、アコースティックバージョンは今まで聴き過ぎといってよいほど聴いてきた関係上、あんまり期待してなかったり。まあ、いつもと変わらんだろうなー、みたいな。
ところが、歌い出しはめずらしくアルペジオ弾いてるのな。
これだけで随分と新鮮な気が。

間奏中に入るフェイク等も気持ちよく声が伸びていてよし。
懸念された手拍子音はカットされていて特に耳障り感はなし(それ以外のレスポンス声がやや気にはなるが)。

つことで、わりとアリですたよ。


そんなわけで、アコギ大好きな拙者としましては、たった2曲ではありますが、なかなか満足したーよ。
やっぱり「アコギ旅Part3」開催時には是非ともDVDを作って欲しいと思いましたとさ。

今年のアコギ旅は夏(8・9月辺り?)かしらね。
スポンサーサイト

[2005/03/24 23:28] CD/DVD | TB(0) | CM(2)

[LIVE] 2005.03.23 / てつろう・福山芳樹・SWAMPS / RMS presents「湘南Mr.Moonlight」in 月見ル君想フ / 青山・月見ル君想フ 

【セットリスト】

~てつろう~
01.最後の荷物
02.Rainy Day
03.恋愛の法則
04.み・れ・ん
05."月"にはかなわない(Guest A.Gtr:浜野基永)
06.風の瞳(Guest A.Gtr:浜野基永)


~福山芳樹~
01.風と木と光の街で
02.八月六日
03.夢をごらん(Key)
04.僕の友達(Key)
05.ガラパゴス
06.光なき夜をゆけ
07.この空の下に君がいるから(Key)


~SWAMPS~
01.スキヤキが食べたい
02.いんらんなのかな
03.らくがき
04.ボロゾーキン
05.かなしばり
06.SWAMPSのテーマ
07.橋の上に座って


~SPECIAL SESSION~
Key:福山芳樹 A.Gtr:はっと A.Gtr:てつろう
E.Gtr:浜野基永 B:佐々木真佐也 Dr:緒方司

01.たっての希望(はっと)
02.no more fighting(てつろう)
03.Imagine(福山芳樹)


続きを読む
[2005/03/24 00:19] LIVE | TB(0) | CM(0)

[etc] BROWSER JACK 

オッス! オラ流し!

なんか今更「ブラウザハイジャッカー」とかに引っかかってみたりする今日この頃。
あんたはWEB初心者でぃすかー!? orz

つか、Googleのキャッシュを辿っていて地雷を踏んだっぽく。
個人の音楽サイトだと思って油断したぜチクショー。
そもそもIE使うな、という話もありますが…。

◆多い?少ない? 3人に1人はインターネット「上級者」

上記記事の中に、

 Q:「インターネット上級者」の条件とは何ですか。

などという項目があったりしますが、
「オンライントレード以外全部該当するなぁ。上級者だたのかオデ!(゜∀゜)」
とか、正直喜んでる場合じゃない。

勝手に窓(タブ)を開かれるは、特定のページはジャンプ先変更されるは、突如ポップアップが出現したりするはで、アドウェアの典型的な症状出まくりなわけですヨ。

だがしかし、「Ad-Aware」でも駆除できねぇの。えー。('A`)

なので、検索して少々調べたら対処法発見。速やかに実践。
とりあえず直った模様。

まあアレだ、拙者みたいなドジを踏まぬよう気をつけれ、と。
一般的に、ウイルス対策に比べてアドウェア/スパイウェア対策って怠られがちなのかもしれないな、と思ったり。
[2005/03/22 22:38] etc | TB(0) | CM(0)

[etc] トランペット吹きの子守唄 

イブキ

仮面ライダー響鬼#8。

2週ほど見てなかったら、いよいよ「ラッパ吹き」の出番が到来したりしており、俄かに興奮する我輩。いやぁ、妙な絵だなあ(w
Tp(というか管楽器)の構造上、唇を塞ぐライダーフェイスでは音が出ねぇんじゃね?
的ツッコミは、野暮ですかそうですか。

ところで、変身シーンの時からバックで流れてる曲や、いわゆる「清めの音」でのバリバリのハイノートっぷり、どっかで聴いたことあるっぽーい。

てことで、吹いてんのは誰かなー? と少々調べたら、エリック・ミヤシロ氏なのだな。

ラッパをやる以上、誰しもハイノートヒッター(高音域を得意とする奏者)には憧れるもので、彼の1stとかは結構興味深く聴いたものサ。
劇中の音はちょいとエフェクトかけすぎの感があって残念ですが。


しかし3人目の鬼さんは「ギター弾き」とかいう噂だし、なんなんだこの番組は(w
当然終盤ではセッションがあるんだろうな?
などと期待したり、あきらタンに萌えたりしつつ視聴する拙者でつ。

ええ、鍛えてます

[2005/03/20 19:17] etc | TB(0) | CM(0)

[F] FUKUYAMA FIRE ~収録予定曲分析篇~ 

(∩ ゚д゚) なんてこった!

「収録曲予想篇」がまだ書きかけだったのに!

今回は仕事が速いな…。

というわけで、「予想篇」はお蔵入りだーぜー。
だがしかし、急遽路線を変更しますて「分析篇」をお届けしまふ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【「FUKUYAMA FIRE」収録予定内容(3/10発表時のもの)】
 ●HOLY LONELY LIGHT
 ●NEW FRONTIER
 ●突撃ラブハート
 ●DYNAMITE EXPLOSION (Live Version)
 ●REMEMBER 16
 ●夢の道 (Live Version)
 ●SUBMARINE STREET
 ●PLANET DANCE
 ●LIGHT THE LIGHT
 ●名もなき果ての街で
 ●HEART & SOUL
 ●STARLIGHT DREAM (Live Version)
 ●ANGEL VOICE
 ●LIKE A FIRE (新曲)


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

まず、どのアルバムからどれくらいずつ選曲されているか、分かりやすく振り分けてみよう。

「LET'S FIRE!!」…5曲
 ・『HOLY LONELY LIGHT』
 ・『突撃ラブハート』
 ・『REMEMBER 16』
 ・『SUBMARINE STREET』
 ・『PLANET DANCE』

「SECOND FIRE!!」…1曲
 ・『LIGHT THE LIGHT』

「DYNAMITE FIRE!!」…2曲
 ・『NEW FRONTIER』
 ・『DYNAMITE EXPLOSION』

「RADIO FIRE!!」…4曲
 ・『夢の道』
 ・『名もなき果ての街で』
 ・『STARLIGHT DREAM』
 ・『ANGEL VOICE』

その他シングルから 『HEART & SOUL』
そして新曲の 『LIKE A FIRE』


といった感じで、LIVE同様、相変わらず「DYNAMITE FIRE!!」の曲が冷遇されている感バリバリなわけで。
そんな中 『NEW FRONTIER』 が選ばれているのは作詞が石川さん、ということが少なからず影響しているのではなかろうか。

それにしても、こりゃライブでも 『WILD LIFE』 や 『HELLO』 等の登場は期待できそうもなく、しょんぼりーヌ。


「LET'S~」の5曲はすべてライブで歌われたことのある曲であり、予想通りの5曲でもあります。この5曲は外せなかろうて。

『MY SOUL FOR YOU』 が入っていないのは、既にハミングのラストアルバムでライブバージョンを収録していること、また、アレンジされ尽くした感のある曲だからではないかと。
CDには入らないけれど、今度のライブでは歌われるのではないかな。

『SEVENTH MOON』 はアニ魂2のCD・DVDで補完よろ! ということか(w



次に、最も選曲数の少ない2ndについて。
『TRY AGAIN』 や 『POWER TO THE DREAM』 が漏れている。
ハミング版の歌詞が書き換えられた曲は採用されていないのだな。
上記2曲は『FLY AWAY』と『まだまに』の演奏のまま歌詞を変え、ライブでは歌ってくれるかもしれんですな。



そして、1stに次ぐ曲数がチョイスされている「レディオファイアー」。

まさかここで『名もなき果ての街で』がくるとは、これっぽっちも予想だにせず。古屋さんの歌うハミング版でこの曲は完成されている感が強いだけに、一体どういったアレンジになるのか、非常に興味深い1曲。

『ANGEL VOICE』は収録曲中最もライブでの演奏回数が多い曲。軌跡ライブの時よりもさらに進んだアレンジを期待したい。



こうして見てくると、『NEW FRONTIER』 以外の既存アルバムの曲はすべてライブで何らかの形で演奏されたことのある曲ばかりなのだな。
アレンジをして新録するとはいえ、その辺で省エネ化が図られているのか!?



さて、最後に隠し球臭たっぷりな2曲について。

『HEART & SOUL』(以下『H&S』)ですってばよ、奥さん!

リストを見たときは我が目を疑った。
BBSでも書いたけど、昔「CDジャーナル」誌で「ULTRA FIRE!!」の新譜情報欄にこの曲が載ってるのを見てすげぇワクワクしたことが思い出される。後に誤報だったことが判明してガックリしましたが。

『H&S』 のメッセージ性は福山さんにぴったりかもしれない。なんせ「傷つけあうこの世界」ですもの。

川野美紀さんがメインVoのこの曲でありますが、特に女性っぽい詞ではなく、男性でもそのまま歌える力強い内容ですな。飯島さんの『ANGEL VOICE』のように人称を変更する必要もないですし(オレ→ボク、みたいな)。

曲のラスト部分は二人のアドリブ・シャウト合戦状態なのであり、特に福山さんのシャウトは『HOLY LONELY LIGHT』や『PLANET DANCE』でのそれに匹敵する破壊力。フェードアウトしていってる最中に一番の聴き所があるという、ちょっと困った曲であります(w

ちなみに 『H&S』 がメインで使われたマクロス7の映画版が今度BS2で放送するらしいんで、タイムリーだなあとオモタ。
…映画の内容はダメダメだけどな(アレだけを見て「マクロス7」ファンになる奴なんていないと思われ)。

そんなわけで、14曲中、相当期待値の高い一曲。
願わくば、今度も収録曲が変更にならないことを祈る次第。


次。『LIKE A FIRE』。

直球だなあ(w
でも、トリビュートアルバムに相応しい良いタイトルだと思う。
まあ新曲なんで多くは語れまへん。
ただ、バラードではない、、、、と考えてよいのだろうか?
作詞はおそらく奥様だろうけども、これも蓋を開けてみないと分からんね。



以上色々書き散らしてみましたが、あんまり「分析」できていない罠。
浮かれた勢いだけで書いてるんで、イタい部分はスルーしる。

しかしこうやって毎年CD(アルバム)が出るなんて、3年前じゃ考えられん状態だ。
ホント葉山には足を向けて寝られねぇぜ!


そうそう、seesonicのHTML書いてる人は「LET'S FIRE!!」と同じミスをしていますな。ジャケットは大丈夫かなあ。

3/16追記
 ※上記の表記ミスは修正されました。
[2005/03/11 16:13] F | TB(0) | CM(2)

[F] 遠い昔、世界は歌でいっぱいだったのよ 

DTエイトロン

隊長! 我が隊の魔窟より、何やら旧世代のメディアが発掘されますた!

DTエイトロン」 だと……?

1998年製。レンタル落ち品。
3~4年前、500円くらいで購入。
VIDEO全8巻(DVD化はまだ)の内の5巻目。

ちなみに拙者、これ以外の巻は持っていないのだった。
つか、ストーリーもこの巻しか見てないのでよく分からんとです。

さて、何故に5巻限定なのかといいますと、
『昨日』 と 『JULIA』 が劇中で使われているからー。(・∀・)

そもそもこのアニメ、監督が「マクロス7」と同じでアミノテツロー氏。
しかも、この第15話は思いっきりテーマが「7」と被っているのですよ。
タイトルも「ラブ ソング」だしなー。声バサラも出ておるよ(レギュラーで)。

で、『JULIA』 の方は 『OUTSIDE THE WALL』 などとややイカツい名称になり、
歌詞もすべて書き換えられましてサントラなんかにも収録されとります。
歌っているのは残念ながら福山さんではなく、声優の平松晶子さん。
なかなか儚げな歌い方。

TSUTAYA onlineではAメロ部分の試聴がでけますぞ。
ヴォイスパーカッション(VP)のせいで相当雰囲気が違う曲になっているわけですが、
試しに聴いてみるのも面白いかと。

劇中では冒頭から「ル~ル~ルル~」バージョンのこの曲が使われており、
今改めて見返してみると、意外と新鮮に見られたり。
後半では敵さん相手に歌詞あり版が歌われるんだわさ。「俺の歌を聴け~!」って(嘘

さらに、街の住人たちによって合唱されているのが 『昨日』。
こちらは「ララララ~」でメロディをなぞるバージョンのみで、別歌詞版は存在しない模様。
そのせいか、サントラにも入ってないのな。
この曲もVPをバックに、しかも大勢のアカペラで合唱されているため、原曲とは全然異なった雰囲気を醸し出しております。つか、すげぇ明るい曲っぽい使われ方をしていたりして、ベクトルが逆なんだな。

2ch・懐アニ板にはDTエイトロンのスレもあったり(アニ板の方がスレストくらってる)で、意外と根強いファンもいるらしい。
サントラの話題もちょろっとだけ発見

そうそう、サントラには作曲者欄に福山さんの名前があるけれど、番組のスタッフロールには載ってねぇぞ! ヽ(`Д´)ノ

てことで、発掘報告おしまい。

今だと、ネットで安く買えますな
[2005/03/09 18:30] F | TB(0) | CM(0)

[etc] それがVIPキュイジーヌ 

「VIPPERのあんたがたに挑戦します」企画終了。

最後の複数都市同時進行の謎解きは燃えた。
新宿や荻窪・吉祥寺なんて土地勘ありまくりのスポットが舞台というのも燃える一因だなあ。

パスワードを集めた先にあったのが、このエンディングFlash(※音アリ)。
終始スレを読み、時には参加した身としては、やんわりと感動すた。

関係者・参加者各位、おつ。
[2005/03/05 23:59] etc | TB(0) | CM(0)

[G] まっしろしろすけ ~真白にかわれ~ 

HDプレイヤー等の中のデータを整理中。

自分で演奏して録音した音源がザクザク出てくるのだった。
時間を置いて改めて聴くと、色々しょっぱくて泣ける。
てなわけで、聴き返しながらほぼ片っ端からデリって整理したり。

とはいえ、今とあんまり変わらねぇんじゃね?(今でもヘタっぴだけどさ)
…などと思ったのが、一昨年録音したらしい『真白にかわれ』。
ご丁寧にVoアリ/ナシ両方録ってたらしい(既に他人事)。

お外はすこぶる「真白」なので丁度いいや。
Voナシの方を短くぶった切って公開ー。

って、誰も喜ばない悪寒。
"本物"の『真白にかわれ』も入った、福山芳樹「叫ぶ男の肖像」絶賛発売中です!(w


[2005/03/04 06:46] G | TB(0) | CM(0)

[GAME] イケる! イケる? 

カレンダーは4月始まりなのかよ


小一時間ほどプレイすた、PSP版「テイルズ オブ エターニア」。

か、快適すぎるぅっ* ゜ + 。・゜・。・ヽ(*´∀‘)ノ

「英伝」は一体なんだったのかと。
単にnamcoの技術力が高いからなのだろうか。

ディスクの読み込みで"待たされている感"をほとんど感じねぇ。
戦闘の入りも終わりも非常にスムーズ。セーブ・ロードも速い。
ようやくRPGとしてまともなモノが出た、というかなんというか。

テイルズシリーズは初めてやったのだけど、バトルでのアクションは慣れないと結構難しいのな。
適当にガチャガチャやってても今のところ勝ててはいるけれど、油断するとサックリやられたりもする、ヌルい俺ですから!

それと、キャラクタはガンガンしゃべる。イベント以外も。
キャンプの会話が毎回違うのは凄い。
とかは、今更なのかもしれないけど。

グラフィックは綺麗で横長の液晶に非常に映える。若干文字表示が小さい気もするけれど、読みにくくはない。
音楽もヘッドホンで聴く限り良い感じ。据え置き機と変わらん。
携帯機で歌ありのOPなんて見ちゃうと、なんか無駄に感動してしまうわけで。

つわけで、今のところ非常に満足。
久しぶりにジックリ・チマチマと正統派2DRPGがプレイできるわはー。

「英伝」・「ポポロ」でPSPのRPGダメじゃーん感が漂いまくっていただけに、今回の「エターニア」は起死回生の一打といえますですよ。
今後はもっとPSPオリジナルな作品が出てくるといいですな。
[2005/03/03 18:53] GAME | TB(0) | CM(0)

[etc] されど、おうどん 

VIPPERへの挑戦、ひとまず終了~。
5日はタイムズスクエアまでちょろっと様子でも見に行きたいところでありますが、5時は微妙。超微妙。
つか、後半は暗号の質の低下が著しくて、ちょと萎え。



明日発売のPSP版「テイルズ オブ エターニア」の評判がわりと良い様子。
戦闘時のロードもプレイ動画を見る限り大丈夫そうだしな。
英伝はロード時間がクソ長ぇゆえ、投げっぱなし中な拙者だ。

これを機に、いままで食わず嫌いしてたテイルズシリーズを開拓するのもいいかなあ。



◆「saku saku Ver.1.0」DVD発売中止のお知らせ

ガ━━Σ(゚д゚lll)━━ソ!!

発売1週間前なのに…。
なんだ権利関係って、ジゴロウの歌とかネズ公がらみとかですかチクショウ。

◆「CONTINUE」誌に取材を受ける南波杏嬢

sakusakuといえばコンティニューなわけですが、今をときめくゲーム好き(ミステリ好き)な南波嬢に目をつけるとは、相変わらず選球眼がありやがるゼ…!

[2005/03/02 18:55] etc | TB(0) | CM(0)

[etc] そうさVIPPERは止まらないぜ 

帰宅後、例の「挑戦」スレを覗くと、既に5スレも進行してやがる件。
全部ログを読むのに30分以上かかる罠。

11問目の答えが北海道の温泉、なんてヒントが出ないと解けないよなあこりゃ。検索で1件しかヒットしない、ってのはGM(ゲームマスター)グッジョブ。

で、北海道のパスが出た後、速攻で次の問題が解けている…!?
確かに、12問目の暗号は分かりやすい取っ掛かりが多かったけれど、それにしても高速過ぎ。おまいらクオリティ高まり過ぎ。

次は四国の沈下橋だそうで。
このゲーム、この後も延ばそうと思えばいくらでも延ばせるよな。
そろそろ飽きたような気もすんだけども。

黄色い箱の謎」が面白かったのは、各種メディアをフルに使った点にあったと思うわけさ。

新聞・雑誌・TV・ラジオ・電話・ネット、そしてリアル店舗や情報端末、果ては「ウィダーインゼリー」等の製品と、およそ使えるものは何でも使っており、思考の対象となるバリエーションが豊富だたな。

しかもラストの六本木ヒルズ決戦では、アイテム使用・合言葉や時限式メッセージ(これは予選にもあった)と、これまた変化に富む出題で、解いていて楽しかったもんだ。

そんな大規模なのは複数企業レベルじゃないと開催できんわけですが、やはりああいうのにもっと参加したいよなあ。

…などと1年経っても思う、10万円ゲトしそこねた人の戯言。
[2005/03/02 03:36] etc | TB(0) | CM(0)

02 | 2005/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。