流しの二人

  • Author: 流しの二人
  • ここにゃ何もありゃしない。





スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

[GAME] サギ山、キタル 

な、なんだってEEEEEEEEEEEEEE!?

アイキャンフラーイ。

当方、既にPSP(2台目)の用意はバッチリでございます!
スポンサーサイト

[2005/12/31 23:26] GAME | TB(0) | CM(2)

[LIVE] 2005.12.31 / 大晦日スペシャルライブ2005 / ショッパーズプラザ横須賀 

【福山芳樹セットリスト】

・Guitar: CAT'S EYE CE-2000
・Tuning: Half Down

 01.真白にかわれ
 02.星空のレクイエム
 03.白い森
 04.RED DATA FRIENDS
 05.NA NA NA


□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □
続きを読む
[2005/12/31 20:04] LIVE | TB(0) | CM(0)

[F] 「アコギ旅Part3~FUKUYAMA FIRE !!! 特別編~」開催記念・人気投票結果発表 !!! ~後編~ 

「アコギ旅 Part3」開催記念・FB曲人気投票、TOP5の発表です!

続きを読む
[2005/12/31 19:55] F | TB(0) | CM(0)

[F] 「アコギ旅Part3~FUKUYAMA FIRE !!! 特別編~」開催記念・人気投票結果発表 !!! ~中編~ 

「アコギ旅 Part3」開催記念・FB曲人気投票、まだまだ発表は続いております!


続きを読む
[2005/12/31 12:51] F | TB(0) | CM(0)

[F] 「アコギ旅Part3~FUKUYAMA FIRE !!! 特別編~」開催記念・人気投票結果発表 !!! ~前編~ 

ハーイ、やってまいりますた! 投票結果の発表デース!

続きを読む
[2005/12/31 09:28] F | TB(0) | CM(0)

[TV] Last Session 



斬鬼・轟鬼、30秒足らずのセッション。

ストーリーはご都合主義すぎて、もはや破綻しているとさえ言え、半ばゲンナリしつつ観ておったのだけど、このシーンはえがった…。

なんていうかもう、この物語の主役は、ザンキさんでいいじゃないか。なあ?
[2005/12/26 07:00] TV | TB(0) | CM(0)

[F] フクロス2 

http://members.jcom.home.ne.jp/1a3773s9/special/fc02.html

あまり反響がないにもかかわらず、第二弾完成。我が道を行くオデ。
今度は横に長いのさ。

おそらく、キーワードを埋めるだけならそれほど難しくはないんじゃないか?
というのが作成者の主観なのですが、はたして。
マゾい人とかは是非トライ。

解説はまだ書いてませーん。
[2005/12/15 22:57] F | TB(0) | CM(4)

[MEMO] 12/13 #1 

運命じゃない人

下高井戸シネマ
 ・メイン:1月21日(土)~27日(金)
 ・レイト:30日(月)~2月3日(金)

DVD
[2005/12/13 02:23] MEMO | TB(0) | CM(0)

[F] なかなか難しい 

ショッパーズのレポートも書かずに、パズル作ってた俺が来ましたよ。

この手のものを作るのはメチャンコ久しぶりだったので、わりと無理がある回答が混ざってしまったとですヨ…。

つことで、表の 「sp」 の中で公開してるんで、興味のある方はドゾー。
[2005/12/12 23:39] F | TB(0) | CM(2)

[LIVE] 2005.12.11 / ジョンレノン・チルドレン / ショッパーズプラザ横須賀 

【セットリスト】※不完全版

~1st Stage~
01.Imagine
Vo&A.Gtr:山浦克己 B:福山芳樹 Per:CONVU Pf:佐々木真里

02.Beautiful Boy (Darling Boy)
Vo&Per:山口尚巳 A.Gtr&Cho:福山芳樹 Per:CONVU Pf:佐々木真里

03.Oh My Love
Vo&A.Gtr:福山芳樹 Per:CONVU Pf:佐々木真里

04.Jealous Guy
Vo:CONVU A.Gtr&Whistle:福山芳樹 Pf:佐々木真里

05.Watching The Wheels
Vo&A.Gtr:福山芳樹 Per:山口尚己 B:CONVU Pf:佐々木真里

06.Whatever Gets You Thru The Night
Vo&A.Gtr:福山芳樹 Vo&A.Gtr:山浦克己 Per:山口尚己 B:CONVU Pf:佐々木真里

~2nd Stage~
01.Imagine
Vo&A.Gtr:山浦克己 B:福山芳樹 Per:CONVU Pf:佐々木真里

02.Crippled Inside
Vo&B:CONVU A.Gtr:福山芳樹 Per:山口尚己 Pf:佐々木真里

03.Mother
Vo&Per:山口尚己 A.Gtr:福山芳樹 B:CONVU Pf:佐々木真理

04.Just Because
Vo&A.Gtr:福山芳樹 A.Gtr:山浦克己 Per:CONVU Pf:佐々木真里

05.Woman
Vo&A.Gtr:福山芳樹 A.Gtr&Cho:山浦克己 B:CONVU Pf:佐々木真里

06.Whatever Gets You Thru The Night
Vo&A.Gtr:福山芳樹 Vo&A.Gtr:山浦克己 Per:山口尚己 B:CONVU Pf:佐々木真里

07.Happy Xmas (War Is Over)
Vo&A.Gtr:福山芳樹 Vo&A.Gtr:山浦克己 Vo&Per:山口尚己 Per:CONVU Pf:佐々木真里

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

9月24日の山浦さん以来のショッパーズであります。あんまり久しぶりでもない。
今回は「ジョンレノン・チルドレン」っつうことで、没後25年を記念(というのも変な話ですが)してのステージであります。
欲を言えば、福山芳樹ソロとして出演して頂きたかったところですが(2002年7月27日以来ソロでは出ていない)。


さて、ショッパーズ。横須賀は遠いぜ。
一瞬だけリハに間に合うように行こうかとも思ったのだけど、リハ後にまた1時間以上も待つのはダリィので、14時ちょい前に着くように出発。

で、予定通り到着。
イスは80席あるのであり、ひとつふたつ空席もあったのだけど、今回は上の階からマターリ見ることにした。

ステージ前の看板には、珍しく「録音・録画はご遠慮ください」の注意書きが。写真はOKらしい(そもそも拙者はカメラ忘れたんだけどナー)。

で、「ジョンレノン・チルドレン」というイベントタイトルを見た通行人の人が、「ジョンレノンの子供が来るの!?」とかはしゃいでるんです。
ショーンが営業に来ちゃうのか。そりゃ凄ぇ。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

【1st Stage】

開始時間ちょい前、福山さんが舞台袖に登場(上の階からは袖の中が見える)。
今日はアコギ(ハイジ)なんだな。
てっきりまたストラトかと思っていた。

出演者はステージへ。
各々軽くマイクチェック等を。
福山さんが歌のお兄さんのように「こんにちはー!」と挨拶しつつ、開演。
いきなり「今日12月8日はですねー」と、おもいっきり日付を間違えてMCを始める国王。
すぐさまCONVUさんにツッコまれる。

アンタ、8日はバリバリ渋谷に出てたじゃなかとでぃすかーっ!w

ジョンが死んで25年、という本日のイベント趣旨なんぞを軽く述べた後、『Imagine』。
最初アコギをセッティングしていた福山さんでしたが、1曲目はベース担当であるらしく、イントロ部分で楽器をチェンジ。
ボーカルは山浦さんであります。うむ、いい声。
アルバム発売おめでとうございまふ。
福山さんは黙々とベースをプレイしており、コーラスは一切ナシ。


続いて、山口さんがステージに登場し、『Beautiful Boy』 を演奏。
福山さんはこの曲ではコーラスをバリバリと。
佐々木さんのピアノはやわらかい感じが非常にイイですな。
正直、渋谷で聴いたこの曲はいまひとつだったので。


MC。
「随分ショッパーズには出てるけど、今回は正月(カウントダウン)なんかを除けば、3年ぶりくらいかな? ホームグランドに戻ってきた気分です!」
と、福山さん。

「ちなみに、巷ではジョン・レノン特集とかいってもビートルズの曲ばっかり歌って終わらせたりするのですが、本日はビートルズの曲は1曲たりともやりませんので!」
と、高らかに宣言する福山芳樹さん(42歳・ミュージシャン)。

そして静かに、『Oh My Love』。
うーん、マッタリ。飲みながら聴きたい。

曲と曲の間では、佐々木さんのピアノが絶えず流れていて、楽器のセッティングなどでの空白時間を上手く埋めていらした。

福山さんも、「こういうのは気持ちいいもんですね!」 とニコニコ。

そうこうしてるうちに、CONVUさんの 『Jealous Guy』。
この曲を聴くと、渋谷でのサントリー坂本さんのMCを思い出してしょうがない俺ガイル。

「え~、世の中には色々な貝がありまして、巻貝、つぶ貝、ホタテ貝、それと忘れちゃいけないのが、、、、、ジェラスガイ!」

(ノ∀`) 

…こっそり他所でこのネタを使おうと思っていることは秘密death。

気を取り直して、ジェラスガイ。
間奏では福山さんが口笛を吹いておられて、いいアクセントになっておりますた。

MC。
次の曲はやってみたら凄く難しかった、と福山さん。
イングリッシュ・スピーキング・ピープルはいませんね?と、あたりを見て確認(w

そんな 『Watching The Wheels』。
生粋のニポンジーンな拙者としては、カコイイ英語にしか聞こえなかったですよ?
この曲がチョイスされるというのは、ある意味、今の福山さんの状況(日記を更新せず、アルバム製作告知もせず、一体何をしてるんだ! 的な状況)を表現しているようで、興味深い。


「そんなわけで、最後の曲になってしまいました。楽しかった?」 と、山浦さんに振るCONVUさん。

山浦「福山さんに会うのは1年ぶりくらいだったので楽しかったです(笑)」

福山「そんなに会ってないんだっけ!?」

山浦「(福山さんの)家に遊びに行って、」

福山「そう、(『RED DATA FRIENDS』 で)歌うたってもらってねー。…そうだ、できあがったCDも渡してないよね。…ごめん! スマン!」

福山「(唐突に)山浦、今日CD持ってきた?」

山浦「ちょっとだけ」

福山「売るの?(嬉しそう)」

山浦「福山さんにはプレゼントしますよ(笑)」


おそらく福山さんは、不義理をしていた山浦さんへの恩返しのつもりで、CDの販促を手伝おうとしたんだな。

思考が言葉に表れにくい右脳気質のせいで、少々意味不明気味ではありますが(w


最後に威勢のいいやつを、と客席の手拍子を促しつつ、『Whatever Gets You Thru The Night』。邦題は『真夜中を突っ走れ』。福山さんと山浦さんのツインボーカルが非常にカッコイイ。
福山さんのギターの音は、「(゚Д゚) このアコギ、エレキギターみたいな音がする!?(byダニー)」状態でありw、ソロも弾きまくりでやんした。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □


[2005/12/11 23:59] LIVE | TB(0) | CM(0)

[LIVE] 2005.12.8 / JOHN LENNON FOREVER 2005 追悼ラストライブ / 渋谷・eggman 

【セットリスト】

~廣田龍人(リッキー)~
01.Happiness Is A Warm Gun
02.Oh Yoko!
03.I Want You(She's So Heavey)

~リボルバー~
04.Woman Is The Nigger Of The World
05.Cold Turkey
06.Woman

~西島清夏~
07.Rock And Roll Music
08.Can't Buy Me Love

~山根さん~
09.Let It Be

~とりあえず~
10.Love Me Do
   ~Please Please Me
   ~She Loves You
   ~I Want To Hold Your Hand
11.Twist And Shout

~チャオズビー~
12.Beatutiful Boy (Daring Boy)
13.Day Tripper

~久保フミト~
14.Starting Over
15.In My Life

~廣瀬哲也~
16.Help!
17.Free As A Bird

~寺田恵子~
18.Helter Skelter
19.Get Back

~川崎浩二~
20.Strawberry Fields Forever
21.
22.Love

~AMI☆TAME~
23.I'll Be Back
24.Good Night

~影山ヒロノブ・福山芳樹・遠藤正明・きただにひろし~
25.Nowhere Man
26.Don't Let Me Down
27.Come Together

~サントリー坂本 with 稲葉智~
28.Jealous Guy
29.Real Love

~藤田光則~
30.Imagine(Bass Solo)

~中牟田俊男~
31.I Call Your Name
32.Matchbox
33.Bad Boy

~千葉和臣~
34.God
35.The Luck Of The Irish
36.

~上田雅利~
37.You Can't Do That
38.Cold Turkey
39.Mother
40.Honey Don't

~小柴大造~
41.Stand By Me
42.Starting Over

~山本コウタロー with リボルバー~
43.The Long And Winding Road
44.Nowhere Man
45.All My Loving

~リボルバー~
46.Whatever Gets You Thru The Night

~リボルバー with Almost All Cast~
47.A Hard Day's Night
48.Eight Days A Week
49.Imagine
50.Happy Xmas (War Is Over)

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

正直、長ぇ

50曲、5時間て…。 _| ̄|○

もはや耐久レースの世界。

13歳の娘さん(西島清夏さん)あり、キーボードデュオあり、山本@走れコウタロー長老ありと、微妙に色モノな方面もバチーリ。

個人的に良かったのは、寺田恵子さんと上田雅利さん。
お二方ともみなぎるパワー!ほとばしるビィートッ!って感じで。

寺田さんのヘルタースケルターは凄ぇカッコよかった!
『Get Back』 は一転、アコースティックセットで、こちらも良い良い。

上田さんのドラム叩きながら発せられるパワフルなボーカルにも胸キュン。
つか、選曲が良い。いきなり 『You Can't Do That』 ですもの。

ホスト役のリボルバーも皆さん非常に上手くて、見ていて(聴いていて)楽しかったですよ。


で、肝心の福山さん達は本当にチョットしか出ず。
つか、本日は相当な「ジョンヲタ」じゃないと辛くないか?と、チラリ思ったり。
いや、イベント内容からしてそうなのは明らかなんだけど。


本日の3曲は福山さんが選曲したらしい。
うむ、いかにもな曲ばかりであります。
しかし、ホントに 『ドンレミ』 好きだなあ(w

楽器構成は、A.Gtr:影山、B:きただに、DJEMBE:遠藤、E.Gtr:福山
ステージ上の並び順もこの通り。
福山さんはいつものストラトであります。
福山さん的には漫画トリオに「ドラマー」として新規加入したかった模様(w


『Nowhere Man』 冒頭のコーラスは見事にキメておりブラボーであります。
オーラスでは福山さんの高音コーラスが炸裂していてイヤッホゥー!

『Don't Let Me Down』 はかなりまとまりがないような。
各々がそれぞれのスタイルで歌いまくり。

『Come Together』 ジャンベがイイ感じ。福山さんも「チッチキチー!」言うておりますた。

で、アンコールにも出るのかと思っていたら、出ナーイ。
早々に帰ったのでぃすか…。 _| ̄|○

福山さんはスグ後に登場したサントリーさんにもイジられておった。
10年前はアイドルみたいだったのに今は!みたいな(w

そんなところ。
それぞれを詳細に書くのはちょっと半端じゃなくシンドイんでこの辺にしときまふ。
すげぇまとまりのない文章になりましたが、気にしない。


しかし、これだけ曲数があって、なんで 『LSD』 や 『POWER TO THE PEOPLE』 を演奏する出演者がいないんだ!
[2005/12/08 11:59] LIVE | TB(0) | CM(0)

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。