流しの二人

  • Author: 流しの二人
  • ここにゃ何もありゃしない。





スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

[F] 10月は、まだまだ遠い 

さて、武装錬金。

表では作曲・田中公平かも的なことを書いていたりするわけですが、「ALLEGORY」 ツアーの後の空白は、この曲作りにあてられていたっぽいんで、個人的には、福山さんが書くんじゃないかと思ったり。ていうかむしろ、書いてくれ。

つことで、アコギ旅用のアルバム作ってんじゃねえの? とか、激しくハズレの予感(w

とりあえず、作品内容がバトルモノでありますから、スピード感溢れる曲を期待したいでふ。
それと、1曲だけ収録(あとカラオケ)ってことはないと思うんで、カップリングがどうなるのかも気になるなあ。

キングゲイナーの時はOP・ED含んで1枚だたので、完全なソロシングルとしては今回が初めてのものになりそうであり、メチャ楽しみであります。

あと、ギター弾きまくりなPVとかCMを作ってくでよジェネ。
スポンサーサイト

[2006/07/31 07:05] F | TB(0) | CM(2)

[GAME] トリプル三昧 


「かまいたちの夜×3」。

二日間引きこもってプレイして、84/90のエンドに到達したとです。
プレイ時間は約17時間ほど。

今のところ、素晴らしい完成度だと思いまつ。
少なくとも、ミステリ的に1・2を凌駕していることは間違いないでせう。

内容については、何を書いてもネタバレになりそうなので、今はまだ封印。
エンドを全部埋めたら、少し突っ込んだ感想を書いてみたいところであります。

とはいえ、ここからもわりと大変な気がしなくもない(w

[2006/07/30 18:49] GAME | TB(0) | CM(4)

[GAME] トリプル開始 




予約特典の小説 (ゲームブック×2・短編×1) は思っていたより薄くて、160頁ほど。
けれども、オマケとしては非常に作りがしっかりしており、2の時のクソドラマDVDよりはよほどマシだと思った。

しかしまあ、ひとりで 「ラブメーター」 に印を付けたりしながら読み進める 「ラブテスター編」 は、ひとりでコントローラー2個挿してゲームの 「ラブテスター篇」 をプレイするのと同じくらい虚しいものがありますな(w

んじゃ、久しぶりに三日月島に行ってきまふ。 ノシ
[2006/07/27 19:25] GAME | TB(0) | CM(2)

[GAME] あと2日 

◆トリプルは、マッピングするほどの難易度らしい

うはは。(  ゚∀゚) イイヨイイヨー!

さて、拙者はAmazonで注文してあるのでありますが、特典付きは既に在庫切れになっとるのね。発売日過ぎたら在庫復活してそうだけど。
とにかく楽しみだすよ。


ところで、密かに 「そう、あたしたちはこんなにも理不尽な世界に生きているのだらよ」 が1週間発売延期しており、トリプルと被るじゃまいか。
とりあえず、速攻かつマターリとトリプル本編を終わらせてからだなあ。

で、「プロジェクトハッカー」 は終わらせた(オマケを含め)。
なんつうか、これはダメだ。肌に合わNEEE。根本的にシナリオが糞つまらん。
意外性皆無。子供騙し(といってしまうのも、子供に失礼なほど)。
謎解きは、パスワード解読が9割、その他1割な感じの配分。正直、詰まるようなところはなかった。むしろ合間に入るタッチアクションの方が難しい罠。操作性等、細かい所の詰めも甘い。
つことで、これで本当に任天堂チェック入ってんのかよ?なデキであり、たいそう落胆した拙者ですた。

次の任天ゲーとしては、「リズム天国」 に期待。つうか、既に予約すた。公式のプレイムービーが面白いんで、未見なら是非。

もぎチン(もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド)」 も当初は気になっていたのだけど、いかにも"ネットで流行らそう"的なニヲイが強すぎて、最近わりとどうでもよくなってきたw
この辺はプレイ報告待ちな感じ。
[2006/07/25 01:15] GAME | TB(0) | CM(0)

[GAME] あと5日 

中村インタビューのせいでワクテカが止まりません。
ていうか、特典がゲームブック形式だっての、初めて知ったゾ。

んでもって、そろそろ"2ch絶ち"を開始。
2の時は本編クリアしてから覗いたけど、エラいことになっていたもの。
ゲーム系板のみならず、拙者常駐のミステリ板をはじめ、関係ないところにもわんさかと 「犯人名入り」 スレッドが乱立する始末。
2のデキへの不満から、様子見組も多そうダスが、今回も絶対その手の嫌がらせバレがあると思われ、油断はできねぇ。


トリプル関係ないけど、こいつにも狂おしく期待

クロス探偵物語」 の最終話 (「タランチュラ」) っぽい雰囲気とか、登場人物が全員 「役名」 を名乗っていて本名不詳とか、激しくツボった。
おまけに電プレ読んだら、館の各部屋の名前が、ルルーだのアガサだのポーだのモーリスだのクロフツだのドイルだったりして、思わずワラタ。どうみても重度のミスヲタです。本当に(ry
シナリオも 「ミッシングパーツ」 の西ノ宮勇希氏らしいんで、こりゃ震えて待つしか。


[2006/07/22 19:57] GAME | TB(0) | CM(0)

[F] 静寂の夏 

ツアーが終わってからというもの、ことさら単独ライブの告知等もなく、なんとなく寂しい夏が到来しつつある今日この頃。
去年のように、単発でのリクエストライブなんてのもなさそうな雰囲気でごじゃります。

んじゃ、長文書くか…。


続きを読む
[2006/07/11 00:53] F | TB(0) | CM(2)

[GAME] ADVの夏 

今夏、流しのプレイ予定ゲー。

■7月13日
[DS] プロジェクトハッカー 覚醒 (任天堂)
CMのデキの良さがチョロっと話題になっている本作。
まあ、拙者はCMが公開されるよりはるか以前に予約してましたよガハハ。
REDが企画、というあたりに一抹の不安はあるものの、「任天堂」の名を冠するADVを拙者が購入しない理由はないのデスよ!
つわけで、期待大。

■7月21日
[PC] そう、あたしたちはこんなにも理不尽な世界に生きているのだらよ (自転車創業)

独特のシステム「ANOS」を用いたノベルタイプゲームの第4弾。
毎回単なるノベルゲーにとどまらないゲーム性と、往年のADV臭がそこはかとなく漂ってくるギミックなど、非常に楽しませてくれたのであり、今回もやはり期待大であります。

■7月27日
[PS2] かまいたちの夜×3 (セガ)

ミステリとしての完成度の高さ。
今回の焦点はその1点に絞られるわけですが、果たして?
少々事前情報で手の内を明かしすぎの感があるのが、不安材料といえるかも。
とはいえ、期待しております。


てなわけで、ADV好きにとっては、今夏はなかなか熱いっス。
つか、久しぶりの更新で読者置いてきぼりの悪寒。イヤッホーゥ。
[2006/07/05 14:00] GAME | TB(0) | CM(0)

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。