流しの二人

  • Author: 流しの二人
  • ここにゃ何もありゃしない。





スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

[F] 俺のこの手が真っ赤に燃える! 

世界の闇

クイーン (※バンドではなく、ダネイとリーの方ダヨ!) ヲタ、かつ、アニヲタ、
という、ある意味とんでもなく狭い方面を狙い撃ちな感じで着々と刊行中な青崎有吾のシリーズ2作目、「水族館の殺人」 が昨年夏に出たわけだが、相変わらず、各章の節題がドイヒーな件。
・・・をずっと書こうと思っていたが忘れていたので今書くでござるの巻。

拙者の敬愛する麻耶雄嵩もさらっとアニメネタをぶち込んでくるのだが、こっちはシリーズ探偵がアニヲタっつう設定なので、そっち方面のネタはより一層出まくりんぐなんである。
アニメネタは時の経過とともに風化しちまうんじゃないかっつう懸念もある。 が、そもそもそういうネタを掘り起こしてほくそ笑むのがヲタなので、これはこれで良いといえる。 シロウトにはわかんねーだろーけど俺はわかったぜフフン的な急所を、この作者はよくわかっとるナw。

若干穴はあるものの、トリックよりもロジックに特化したミステリを、このライトな作風の中でやるというのは、今のご時勢では意味がある。 角川の新訳国名シリーズでのエラリーも随分と現代的になったしな。

スポンサーサイト

[2014/01/26 22:45] F | TB(0) | CM(0)

[F] トラツグミの鳴く夜に 

2曲のなんちゃってコード譜を書いてみた。
まあ例によって、最初のは完成度低し。
しかし、耳コピをしてみると、色々と発見するところがあるものなのだ。

アコギとピアノ、どちらか一方で弾いても良い曲だなあと思ふ。
2曲のうち、圧倒的にメロディが覚えやすかったのは 『鵺の森』。
詞のインパクトも多少影響していると思われるのだが、『サナギ』 のメロディはわりとすぐに思い出せなくなってしまう病の拙者だったりする。

そんな 『サナギ』。
こいつのコアは、『Let It Be』 だと思ふw。
そんなわけで、サビで同じフレーズが力強くリフレインされるのも、後ろがバンドサウンドになることも、曲の入りの段階で既に予想がつくというもの。
福山さんに関する最近のアクションが全てこの辺に結びついてくるあたり、まったくもって面白い。
歌詞は 『複眼』 のテイストを感じさせる。


そして 『鵺の森』。
エロゲでこの曲か、いやいや、18禁レーティングだからこそ、この曲なのだという、通常のタイアップではありえない方向性。個人的には 「苦しまないで」 はギリギリセーフ、「死にたくなってしまう」 はギリギリアウトな歌詞だと思ふのだがw。
フクヤマンの表現力大爆発な曲だなや。


ところで、ゲームのエンディングは、何がかかるのかすらん。
なんとなく 『サナギ』 ではない感もあるわけで、福山さんがもう1曲書いてるとイイナーとか思うわけでやんす。

[2014/01/26 11:27] F | TB(0) | CM(2)

[F] 愛しているのに 

つことで、体験版をプレイ。
もう1曲もピアノ主体。

ウハーw。

詞は物語から作られているわけだが、こりゃヤバイ。
フクヤマン史上最もヤバイ歌詞かもしれん罠w。
こりゃ、2曲だけじゃないのかもしれんなー、これ用に書いてる曲。

続きを読む
[2014/01/24 21:26] F | TB(0) | CM(0)

[F] サナギ 



新曲キター!!
良い曲だ。

てなわけで、随分前から仕込んでいたヤツだな。
ここまで鍵盤が前面に出たタイアップは、初。
物語にもピアノが絡んでいるようなので、当初からそういうコンセプトで作られたのだろう。
アコギ旅での鍵盤重視のスタンスは、コイツの布石だたのかーッ!? みたいなw。
カップリングも楽しみだ。

今年はこれのシングルを皮切りに、アルバム・レコ発ツアーと進むなら最高だ。

続きを読む
[2014/01/24 18:46] F | TB(0) | CM(2)

[LIVE] 2014.01.13 / アコギ旅 2014 "50" / 東京・原宿ASTRO HALL 

果たしてこれは 「アコギ」 旅なのか!?
という、表示偽装疑惑すら漂う今日この頃w。
そんな3時間20分オーバー。
長ぇぜキング。

そして、公演中にセットリストの一部が決められるという土壇場な臨場感が素敵。
久々にリハが押して開場も遅れたぜw。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

続きを読む
[2014/01/13 22:14] LIVE | TB(0) | CM(0)

[LIVE] 2014.01.11 / "福山王国" PRESENTS 第9回ファンクラブの集い (追加) / 東京・渋谷J-POP CAFE  

見せトライコーンの輝き

【セットリスト】

[Acoustic Solo Guitar]
 01.新しい風 (HUMMING BIRD)
 02.大きな木になりたい (HUMMING BIRD)
 03.きまぐれもぐら (未発表曲 / 作詞・作曲:福山芳樹)
 04.星屑ハイウェイ (FIRE BOMBER)
 05.FEEL UNIVERSE (FIRE BOMBER)
 06.Beatles Medley (『Stars On 45』 より / The Beatles)
   ~No Reply
   ~I'll Be Back
   ~Drive My Car
   ~Do You Want To Know A Secret
   ~We Can Work It Out
   ~I Should Have Known Better
   ~Nowhere Man
   ~You're Going To Lose That Girl
 07.As Tears Go By (The Rolling Stones)

[Electric Solo Guitar (※「¥5,980ストラト福山芳樹調整モデル」 使用)]
 08.Layla (Derek and the Dominos)
 09.スモーキーマウンテン (福山芳樹)

[Piano]
 10.翼 (福山芳樹)

 ~ビンゴ大会~

[Acoustic Solo Guitar]
 11.星よ、にじむな! (宮内タカユキ)
 12.FREE BIRD (HUMMING BIRD)
 13.荒野の果てへ (ゲーム 「WILD ARMS」 OP)
 14.夢を追いかけよう (HUMMING BIRD)
 15.ダイアモンド クレバス (May'n)
 16.ビッグバン (FIRE BOMBER)
 17.The Neverending Story (Limahl)
 18.みんないい娘 (The Beatles ※カバー)

[Piano]
 19.ちいさい秋みつけた (童謡)
 20.Maybe I'm Amazed (Paul McCartney)
 21.Make my day! (福山芳樹)

[Acoustic Solo Guitar (※画像前列左 「10弦特殊ギター」 使用)]
 22.素敵な日 (HUMMING BIRD)

[Acoustic Solo Guitar]
 23.ハッピー・バースデイ (HUMMING BIRD)

 ~握手&宛名サイン入り写真お渡し会~

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

今回も、とんでもなかったw。

前回同様リクエスト曲の演奏が中心だったが、前回よりも質問への回答やコメントの紹介は抑えられ、曲を演奏する時間が相対的に増加した。 前回は7000字程度だったコメントも、今回は20000字程度に激増したそうな。 マジか。
で、ふと今回の拙者のコメントを測定してみたら、1382文字もあった件。

てなわけで、とりあえず拙者のリクエストとしては、『ビッグバン』 をブッ込んでみたり。
というか年末も今回も、ソロ・FB・HBと1曲ずつ選んで、こってりコメントを叩きつけてみたのだが、不採用分も含めて福山さんにあらかた読みあげられる罠w。

『ビッグバン』 に関しては、会場内ではデモも流れていたが、以前福山さんが解説してくれたものとは違って、もう少し前のもの。 『始まりの日』 (福山さんはずっと 『一週間』 と言っていたがw) の頭の直後に 『ビッグバン』 が現れて、再び 『始まりの日』 につながる。 『ビッグバン』 は最初 『始まりの日』 の一部だったんだな。 『始まりの日』 のデモを解説したとき (Re.FIRE前) にはこの部分は伏せられていたんで、後で使おうと隠しておいたっぽいw。

前回と重複する話はほぼなかったので、『MIRACLE SKY』 の解説等はなく、それに関連した本の紹介もなし。
反面、『想い出をこえて』 に関する話は面白かった。 リクエストした甲斐があったというもんであるw。
初期福山曲 (高校生の頃に作ったという数曲) の中で一番周囲のウケが良く、アルバムのたびに収録候補に挙がり(94年初頭には結構な回数演奏されている)、トルバドールでのアルバムでも候補に挙がっていたそうだが、詞と曲のマッチングがなかなか上手くいかないので未完成、ゆえに今回は演奏できません! ということのよう。
次のアルバムには完成させて入れる気満々らしいんでw、震えて待つ。

[2014/01/11 20:24] LIVE | TB(0) | CM(0)

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。