流しの二人

  • Author: 流しの二人
  • ここにゃ何もありゃしない。





スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

[F] 誰も知らないこの歌を 

「きまぐれもぐら」 「歌詞」 っつう検索ワードで来訪している人がいたが、残念ながら、
耳コピした詞を、まだ書いていなかったのだ。
ならば書こう! 力の限り!

続きを読む
スポンサーサイト

[2014/04/23 10:16] F | TB(0) | CM(0)

[F] 空を見上げて 

最近 『一番星と君と』 関連の検索訪問が多い気がする。
福山さんもレコ日記を上げてるんで、その辺との連動もあるのだろう。

だがしかし、多くは810番エントリ (3年前の 「集い」 のレポ) だけチラ見して帰っている様子。
他にもチョイチョイ書いてるんだけどナー、拙者。

てことで、過去に拙者が書いた記事をチョロっとだけ振り返ってみたい。

ライブレポとしては上記の他に、698番735番882番の三つがある。
前二者は歌菜子さんが歌ったものだが、735番の方では福山さんがベースを弾いている。
882番は一番最近 (と言っても去年の夏) の福山さんによる演奏。

「置き場」 のゲームが出た当時の1stインプレっぽいの (内容はほとんどナイが) を書いたのが676番
バンブラでシンプルに作った曲と、フクヤマンが歌った詞にコードを振ってテキスト化したやつが811番
811番を見れば、歌メロと詞の感じはわかるだろうから、その辺が知りたいのであれば、一番おすすめ。

[2014/04/21 23:40] F | TB(0) | CM(0)

[WEB] 青の道標 

記

立ちはだかるのは、再び、蒼き閃光。
戻りたい。 戻れない。
進みたい。 進めない。
疲弊した旅人は、天を仰ぐ。
不快な音の洪水は、旅人を穿つ。
目を瞑り、心を開き、数を数えろ。

零れ落ちた"時の砂"は、二度と元には戻らないのだから。

[2014/04/02 20:19] WEB | TB(0) | CM(0)

[WEB] 黒の座敷 

和

覗き見るのは、不確かな部屋。
冷酷な瞳は、生気なき空間を無慈悲に切り裂く。
それは生きるためか。 生かされるためなのか。
7つの首は切断されて、王となった。

しかし、統べるべき国などありはしない。

[2014/04/02 14:58] WEB | TB(0) | CM(0)

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。