流しの二人

  • Author: 流しの二人
  • ここにゃ何もありゃしない。




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

[F-SONG] MY SOUL FOR YOU 

――連載第2回。

今回は『MY SOUL FOR YOU』でゆこう。
福山さんがマクロス7関連で一番最初に作った曲であります。
設定画を見せられた帰りの車で思いついた、というエピソードはマクロス7関係のトークがあるとたいてい出てくるのでお馴染み。

マクロス7の最初の方の話で、バサラがこの曲を作曲しているシーンがあって、それがなかなか印象深かったりしますな。
「Come on People!」とか、意味分かんないのがイイ(ここだけデモのまま採用)。
…考えるんじゃない、感じるんだ!

この曲(正確には弾き語りバージョンだけど)は拙者がギターを弾き始めるきっかけになった曲の一つでもあったりしますですよ。

正直、放映当初からガンガン流れていた『PLANET DANCE』や『突撃ラブハート』は、最初あまりピンとこなかった。
あー、この声優さんは歌が上手いなぁ(激しく誤解)、とか思う程度で。

で、当時は「ラッパ吹き」だったことも手伝って、アコースティックギター(というか、そもそもクラシックギターとの区別もついてなかったのですが)に変な偏見があったりして。

だけれども、ギター一本の『MY SOUL FOR YOU』にはなんつうか、
「こんな風にもアコギって弾けるのか!」的な驚きをおぼえたものです(無知だったので)。
しかも、シンプルなアコギと相まって、歌声が凄まじくカッコよく感じたのサ。
あぁ、この人は凄ぇ。…声優って凄ぇ!(まだまだ誤解中)みたいな。

しかしギターは最初全く弾けなかった。Gすら押さえられなかったし。
当時、音楽室に放置されてたボロのガットギターで密かに練習していたのは内緒。
そもそも最初のうちは曲で使われているコードも全然分かんなかったしなぁ。


さて、この曲には数々のバージョン違いがあるわけでして、

1.「ULTRA FIRE!!」等に収録されたエレキバージョン
2.「Let's FIRE!!」収録のアコースティックバージョン
3.チケマガCD収録の弾き語りバージョン
4.「ACOUSTIC FIRE!!」収録のピアノバージョン
5.「RADIO FIRE!!」収録のデュエットバージョン
6.ハミングの「1・2・3」収録のエレキバージョン
7.ハミングの「Happy Birthday(Live Side)」収録のライブバージョン
(その他にも抽選でプレゼントされた「ライブバージョン」収録シングルあり)

とまぁ、実に7バージョン(4・5の曲自体は同一)。
個人的には、5の女性Voだけは生理的に受け付けないのですが(w;
一番好きなのはやはり、チケマガCD収録のものだな。次点はハミングの6。

「Let's FIRE!!」の裏ジャケには(Acoustic Version)とか書いてあって、当時の拙者は弾き語り版が入ってるもんだと早合点しつつ嬉々として帰宅したところ、別アレンジで萎えたのも今は昔。

以前はライブでも頻繁にプレイされていたこの曲でありますが、最近では出番があまりなく、ちょろっと寂しかったりだ。
もう2年以上も前になってしまうけど、池袋の映画館で聴いた生歌は良かったなぁ。
…客の手拍子がなけりゃ最高だったのに。orz
この曲は手拍子をしちゃいけない曲だと思うゾ。

そんな拙者がこの曲で一番好きな部分は「歌い続けよう」(3・6・7の)。
いやぁ…、ここは何度聴いてもシビれるですよ!

[2004/11/01 18:03] F-SONG | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagashi.blog2.fc2.com/tb.php/2-9aa0d9b4



06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。