流しの二人

  • Author: 流しの二人
  • ここにゃ何もありゃしない。




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

[F] 福山王国 会報11号 



来なすった。

流石に前号の神っぷりには及ばないものの、今号もなかなかの活字量と読み応え。
あと、もっと海外JAM日記的なものに誌面が割かれているのかと思いきや、そういうのは全然なかったりして。

kaihou11-2.jpg

福山恭子インタビュー。
こういう人だからあの詞が生まれるのだなあと、端々で納得する拙者ですた。
昔アンデルセン、今グリム、という喩えも、ナルホドなー(w


kaihou11-3.jpg

今回個人的に一番面白かったのは、コレ。
福山さんの浪人時代から黄連雀時代までを綴った「突き進め MY LIFE」 のコーナー。

特に古屋さんとの再会のくだりは、ニヤニヤしながら読みますたとも。
なんつうか、これはもう小説化してくれよと(w


あとは、新コーナーとして、毎回ひとつのテーマに沿って福山さんにインタビューする 「真白にかわれ」 が登場。 なんでこのタイトルやねん。
これだけ誌面使うならもうちょっと他にテーマあるだろ的な気もしたりしなかったり。
いやまあ、結構面白かったんだけどネ!


ちなみにオイラが最も笑った箇所は、「一問一答」 コーナーの中の 「2008年前半終わりましたが、どんな半年でしたか?」 への回答であり、この人これ書いてる時絶対 「してやったり顔」 してるヨ! とか思いますたw

[2008/09/03 23:46] F | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagashi.blog2.fc2.com/tb.php/483-79b599c1



06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。