流しの二人

  • Author: 流しの二人
  • ここにゃ何もありゃしない。




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

[F] 聞こえてくるあのメロディー 

▼[誤訳御免!!] マクロス7 OP「SEVENTH MOON」の海外反応

拙者も 「Re.FIRE!!」 のときに同じようなことやったなーとw。

7の批判がされる際によく見かけるのは、「シーンの使い回し (バンク) の多さ」 と 「シナリオ展開の遅さ」 の2点じゃろか。
個人的には、どちらも良い点の裏返しのようにも思えるのだけどなw。

バンクが多いってのは、有限のリソースを本質的な部分により多く振り分けた結果なんじゃないかと思っている。
楽曲製作に予算の多くが注ぎ込まれた結果、他の非本質的部分が甘くなるのは、やむを得ないことなんじゃないかなーと。

シナリオの進みが遅いってのは、ようつべあたりで一気に見すぎだからなんじゃねえかなあ。
毎週日曜の午前中にダラっと見るには、あのペースが実に丁度良かったw。
早々にバサラが人々に理解されたり受け容れられちゃったら、物語終盤の説得力は生まれなかったと思ふ。

あと、なかなか新曲歌ったりしないから、サブマリンとかパワー・トゥ・ザ・ドリームとか、トライ・アゲインが初めて流れた時は、テレビに釘付けだったんだぜw。

[2010/11/15 22:49] F | TB(0) | CM(2)

>毎週日曜の午前中にダラっと見るには、あのペースが実に丁度良かったw。

今もちょくちょく7見てますけど、「ダラっと見る」ことができる作品なのが良いですね。
展開が遅い…ただ1つ1つの話が不要かと言われるとそうでもなく、キャラクターを描くのにめいっぱい使ったみたいな。
そういう部分が現実にいるんじゃないか、いて欲しいと思わせるキャラクターを作っているんじゃないかと。

私の中では大人も楽しめる子供アニメという感じです。
[2010/11/16 01:08] 清 [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> キャラクターを描くのにめいっぱい使ったみたいな。

味方側も敵側も、ナイスキャラ揃いですからなー。

7の初見は高校生の頃だったのだすが、あの頃に見たものや聴いたもの、読んだ本なんかも、
今でも人格の基礎になっとると思いまふ。
7は、15年以上経った今でもこうして話題になったり、2chにスレが建ったりwもするわけで、
作品にとんでもねえエネルギーがあったんだなあと、再確認させられる日々であります。
世界の色んな国でも愛されているようで、嬉しい限りですな。

[2010/11/18 18:35] 流しの二人 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagashi.blog2.fc2.com/tb.php/739-7606ebaa



06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。