流しの二人

  • Author: 流しの二人
  • ここにゃ何もありゃしない。




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

[G] 百日紅は赤く 

なんとなーく気が向いたので、『夜の空を~』 のコード譜を書いてみたりした。
というか、以前に一度書いておいたものに少し手を入れた、というのが正しいのだが。
「D7sus2」 などという妙なコードで弾いているが、ここは普通にD7でもいいんジャマイカ。
その他、間奏・エンディング、細かい装飾的な部分については、割愛。

それにしても、やっぱりええ曲だ。 聴いて良し、弾いても良し。
だがしかし、歌はサビが高すぐる罠でござるw。

Capo=2

  | G       | Am
とれかけのボタンのように

  | D7sus2    | G
ただ 揺らめきながら

 | Dm  E7 | Am Cm
頼りない 細い糸を

 | G     A7|D Dadd9 D
手繰り寄せて歩く


| G     | Am
誰かを探す声が

| D7sus2|G
儚く 遠く 消え

| Dm  E7    | Am Cm
確かに ここで ふたりで

| G  Dadd9 Dsus4 | G
夢を語り合った


  | C     | G
 さるすべりは赤く

 | Am7 D7|G  Am Bm
 蝉の声が響く

  | Cm  F | B♭ G
 もう戻らない夏は

 | A7     | D Dadd9 D
 静かに暮れてゆく


  | G   Bm|C G
  夜の空を渡る君よ

   | C    G | Am7 D7 
  気付いてくれますか

   |G  Bm |C G
  小さな花火の煙は

   |Cm   G | Am7 D7| G
  どこまでも昇ってく   昇ってく


■ D7sus2 ■   ■ Dadd9 ■
 --0-----      --0-----
 ---1----      ----3---
 ----2---      ---2----
 --0-----      --0-----
 --0-----      --0-----
 --------      --------
[2013/07/12 00:57] G | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagashi.blog2.fc2.com/tb.php/881-0b60041f



10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。