流しの二人

  • Author: 流しの二人
  • ここにゃ何もありゃしない。




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

[F] まだ失くしたわけじゃないんだぜ 

REMEMBER 16

どっこい生きてますw。

つうことで、丁度書きたい感じのブツが出たんで、久々にモリモリと打鍵していきたい。

さて、ついに楽曲までもがマクロス一番くじの景品に入るようになっちゃったわけで。
とはいえ、一番くじがこれだけ大量に出回る今のご時勢、くじなど引かずともその手のショップでは普通にくじを引くのと大差ない価格で販売されていたりもするし、ネット上でも購入できるので、数年後にはどうなってるかわからんが、今この段階で入手に動くなら、困難なことは何もない。

てことでゲトしてきたD賞のCD。
新録の 『REMEMBER 16』 と 『ランナー』 の2曲入り。 カラオケは入っていない。 ピラ1枚の歌詞カードは付属。
当然のことながら、前者が目的なので、そっちについて以下語る所存。



ところで、『REMEMBER 16』 には、アレンジ違いで複数の曲が存在する。

「LET'S FIRE!!」 収録のものを 「原曲」 (1)とすると、
「チケマガCD」 収録のソロアコギバージョン(2)、「Heart&Soul」 のカップリング(2')
「ACOUSTIC FIRE!!」 収録のアコースティック・バンドバージョン(3)、
「FUKUYAMA FIRE!!!」 収録のアコギ&ローズピアノバージョン(4)、

…あたりが、主なところであろうか。

これ以外にも、「ENGLISH FIRE!!」 の名もなき外人バージョン (曲自体はアレンジされとらんが) や、
某アニソンシンガーにカバーされたものもある。
後者については、ベースのやっつけっぷりが曲の良さを減殺していて、少々グンニョリさせられる。
原曲のベースが非常によくできている分、余計にそのヘボさが目立つのだ。


てなわけで、これまでのアレンジを概観するに、そのほとんどがアコースティックサイドに寄っており、原曲にダイレクトにアプローチするものは、上でふれたカバー以外には見当たらなかったわけなんである。 そのカバーも、先に述べたように、致命的な瑕疵があり、満足のゆくデキとは言えなかった (まあ、歌い手も違うしナ)。

だがしかし、今回のアレンジは、アコースティックテイストを含みつつも原曲寄りであり、上手く新しさとの調和に成功している。 非常にイイ出来だ。 爽やかな草原のニヲイがするもの!w
各パートの細部にも取り立てて不満はなく、この仕上がりの安定感は、さすが本家フライングドッグと言ってよい。
どのアレンジャーに楽曲を振るか、という采配の巧みさの点でも、やはりここはちょっと他と違う。

で、このアレンジの最大のウリ (?) は、キーが原曲より 「1音低い」 っつうところだと思われ (ちなみに、アコギVer.は原曲より2音半低い)。
つまり、手違いで想定外の高音になった 『REMEMBER 16』 が、はるかなる時を経て、ようやく当初の目論見の範囲に収まった、ということだw。
なんとも面白い巡り合わせじゃあないかと。 長く続くと、色々なことがあるもんだw。

それと形式的なところだが、最後のリフレイン&フェードアウトがなくなって、普通に終わる (「いつも思い出すよ」 がなくなって、「いつも思う」 で終わる) ので、若干エンディングがライトな印象に。


歌についても。
デュエットということで、基本サビ前までは交互に歌い (1番・2番でパート分けが異なる。 これは 「はじめてのキス」 を女性Voに歌わせよう、というところから逆算して割り振っている可能性が高いw)、サビではユニゾンで歌う部分と福山さんが下ハモを歌う部分とが合わさっている。 ランカを支える、ベテランの熱気バサラ感みたいなもんが感じられ、良バランスと言えるんじゃなかろうか。


総じて、良曲 (良編曲) 。 FBヲタなら、とっとと入手しておくが吉。
『REMEMBER 16』 という曲は、わりとアコギのイメージで捉えられがちなのだが、原曲の持つ爽快なスピード感みたいな部分に強く惹かれる者としては、今回のようなアレンジで再びこの曲にスポットがあたるのは、めちゃめちゃ嬉しかったりする。

福山さんもアコギでばかりこの曲を演らないで、そろそろバンドで演ってもいいんじゃないかと、思わずにはいられない。

[2013/12/02 17:20] F | TB(0) | CM(2)

GETしてみました。

 当初、1番くじの存在自体も知らなかったのですが(福山さん公式HPにも書いてないのもどうかと)、ここでその存在を知りゲットできました。
 アコギVERももちろん好きですが、原曲のいい意味での“鮮やかな硬さ”“爽快なせつなさ”みたいなのが好きな自分としては、ニューVERもなかなかよかったですし、流しさんの感想にも共感する部分が多かったです!
[2013/12/16 22:02] すー [ 編集 ]

Re: GETしてみました。

> 公式HPにも書いてないのもどうかと

今も昔も、公式はそんなもんです。

> “鮮やかな硬さ”

これはなかなか面白い表現。
鮮やかさ、そしてある種の硬質さをも具える、というのは、言うなれば、「若さ」だなあと。
原曲は、色々な意味で、ヤングすぐるw。
ニューVerは、お兄さん感がUPした分、無軌道な若さは多少抑えられた感じ。
でも、今このタイミングで世に出すなら、ドンピシャなアレンジでしょうと。

> 共感する部分が多かったです!

こう言ってもらえると、地味に嬉しいw。ありがとうございます。
[2013/12/17 17:02] 流しの二人 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagashi.blog2.fc2.com/tb.php/886-4ed30700



10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。