流しの二人

  • Author: 流しの二人
  • ここにゃ何もありゃしない。




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

[LIVE] 2014.03.28 / WILD VOX LIVE 2014 / 東京・新東京会館 

【セットリスト】

 01.ALIVE
 02.めぐりあい
 03.夢宇宙
 04.TIME
 05.白い森
 06.会いたい
 07.Scarborough Fair (Simon & Garfunkel)
 08.あやつり人形
 09.DO YOUR BEST
 10.時の流れに
 11.MY HOME TOWN
 12.E.T
 13.GLORY
 14.今ここに君がいる
 15.NA NA NA NA
 16.勇気を出して
 17.もう大丈夫きっとうまくいく
 18.NA NA NA
 19.祝福と涙
 =ENCORE=
 20.命をありがとう
 21.SEE YOU AGAIN

 A.Gt&Vo : 牛島正人
 A.Gt&Vo : 福山芳樹
 Key : 牛島央子
 11~19 Guest Percussion : 麻生祥一郎

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

休みがとれたんで、どえりゃー久しぶりにワイルド・ヴォックス (以下、WV) を観てきた。
MC多めで、ガッツリフルに3時間。 んー、長い。

面白いと思える部分もちょいちょいあったりはするのだが、やはり基本、あんま刺さらんわー。
福山さんの音楽のレンジが広すぎるせいなのか、逆にその辺がめちゃんこ狭い拙者としては、「すごく良い曲!」 みたいに福山さんが言っていても、俄かには賛同しかねるのであった。 詞もウェットに過ぎるものが多いしナ。

『白い森』 もWV版は初めて聴いたが (うっしーがメインVo)、福山さんが歌う方が、やっぱり好きだ。 なんでそんなに言葉を切っちゃうんだろうと。 言葉を切って歌うことが、言葉を大切に歌うことなのだろうか? 拙者はこの点、とてつもなく疑問だ。


フクヤマンの組む二人組ユニットはどれも一癖あるが、WVはとりわけアクが強い。
にもかかわらず、昔に比べてWEB上でそれほど賛否が分かれているように見えないのは、現在のヌルさを如実に物語っとるように思われる。 賛なら賛でよいのだが、表面的でない、ペラくない分析が読みたいもんだ。

[2014/03/28 23:59] LIVE | TB(0) | CM(6)

WILD VOX感想

 自分も、つい最近MIXI日記にWILD VOX『GLORY』の感想を
ちらっと書いたのですが、流しさんの感想に通じる部分を感じました。

↓こんなんです

●WILD VOXの新CD『GLORY』を買った

福山さんと、牛島正人さんという人のユニット。
最初のCDが出たのは、もう10年くらい前。あの時はハミングバードが解散した ばっかりで、そのタイミングでのCD発売だったから「どんなもんか」と期待したら かなりガックリな出来だった。好みの問題かもしれないけど、福山ファンが求める 福山さんの魅力がほとんどないせいかな〜、と今思えば感じる。

なぜ、いまそんなことを思ったかいえば、今回の新曲もガックシおんなじ感想だったからでした。

でも、前よりは少し好き。そしてアレンジ面を福山さんがやってるらしいクレジットだけど、これがけっこうイイ感じで「福山さん音楽作るのがうまくなってる」とビックリしました。




[2014/03/29 21:21] すー [ 編集 ]

Re: WILD VOX感想

ナルホド、確かに、「野性の風」 や 「GLORY」 について思うところは拙者と極めて近しいようですな。
特に、「前よりは少し好き」 という部分は、非常に的を射たと言いましょうか、なんともムズがゆいのだけど、最終的にはその辺デス、みたいな、"程よい落ち着きどころ感”を感じる次第であります。

直近における、『サナギ』 や 『鵺の森』 を初めて聴いたときの感覚を敢えて数値化して 「9.8/10」 とするならば、今回は、「5.5」 と、拙者は評します。
理屈ではない (理屈もつけられるっちゃつけられるケド)、CDやライブにおいて時折味わうことのできる、あの身震いするほどの感触を、なんつうか、受け手としては、常に忘れたらイカんのじゃないかなーと思うわけです。
オールオーケーってのは、時にオトナの対応ではありますが、この点を妥協したら、この部分のコダワリを失くしたら、それはもう、ただ揶揄されるだけの、蔑称としての 「信者」 なんじゃねえのかと。

時に 「福山サウンド」 とか、「福山節」 などという 「安い」 言い回しが横行したりもするのダスが、それは多分に、大雑把に過ぎるというか、本質に眼を向けなさ過ぎている場合も多く、今回のように、アレンジだけそれらしくあれば、「福山サウンド」 なのか?と言ったら、いやいや、やはり軸となるメロディあってこそでしょと、思わざるを得ません。

とはいえ、「GLORY」 のCDテイクは、悪くはないですw。
突き抜けては、いないのだけどネ。

[2014/03/29 22:42] 流しの二人 [ 編集 ]

Re,Re  WILD VOX感想

 コメントありがとうございます。
 
 最初のWILD VOXが出たときは、自分の周りにもいろいろ賛否両論話せる知り合いもいたのですが、今はなかなか難しく。

 結局はホント、好みの部分になってしまうと思うのですが、
 自分の好きな福山さんの魅力ってざっくり言って
 ・詞(これは恭子さんですが)、曲、編曲
 ・歌、声
  シャウトやクリーンでの突き抜け、声の伸び、
  歌いまわし、あと最近は低音も味が出てきた
 ・温かくて、メロディアスで、曲を引き立てるギター

 あたりなんです。が、ソロとは音楽性の違いもありますが、WILD VOXだと福山曲でもその歌い方や演奏で萎えるような感覚になったりしてしまいます。「なぜ、その曲のその部分を蚊の泣くように歌う!?歌詞の意味や曲の展開上、そこは少しでも張らないと!」みたいな。

 同じアコースティック系でも、トルバドールの方はかなり好きなのは、きっとそういう自分の福山ツボが押さえられてるからなんだな~と思います。
[2014/03/30 23:54] すー [ 編集 ]

Re: Re,Re  WILD VOX感想

どわはははw。
いや、失礼。
こうした忌憚なき意見を目にすることも最近はほとんどないので、とても楽しく拝読しました。

「野性の風」 の前後の頃というのは、福山さんのソロ1stがまだかまだかと待たれていた時期でしたな。
当時のショッパーズ等でのソロ演奏も凄いものが多く、今はなきウチのBBSや昔のFBスレでは随分色々と、的外れなことも含めて、書き散らしたもんです。
そんな流れだったせいなのか、昔の方がなんとなく、今より素直な (そしてツッこんだ) 意見が多かったように思われますナ。 しょーもない罵詈雑言とかもあったけれどもネw。

> 魅力

おっしゃる通り。
どれもなくてはならない要素だと、拙者も思います。
詞に関しては、実はあんまりイケてないと思うものもあるのですが、その辺はまた別の機会にw。

> そこは少しでも張らないと!

CDなり、普段のライブなりをしっかり聴いているからこそ、すーさんのようなツッコミができるのだと思います。 素晴らしい。
近頃、そうした聴き込みが不足しているがゆえの浅薄さ、みたいなもんを感じる場面が多いのは、残念なことです。

> トルバドール

実はこの点、拙者は少し違う意見を持っていますが、これもまた別の機会にw。

[2014/03/31 13:42] 流しの二人 [ 編集 ]

横レスですが私は福山さんの魅力の一つに歌だけでなく福山バンドの演奏力とLed Zeppelinばりの分厚いグルーヴがあると思っています。
熱心に音楽を聴くようになってから福山さんから離れていたのですがマイ・ブラザーのライブ映像(LLL)を見た時にぶっ飛びました。やっぱりこの人天才だ、とw

ただ歌中心の楽曲やユニット、仕事が多いのでそれを楽しめる機会が少ないのが残念ですけどね。
いずれにせよ私のような偏屈なロックオタからアニソン好きまで幅広い人を惹きつける音楽性の深さが福山さんの魅力だと思います。
だからこそヤキモキしてしまうのでしょうね
[2014/04/02 23:24] 名もなき果ての名無し [ 編集 ]

 色々な意見を聞き、熱くなってしまいます!たぶん、語るとキリがないので自制してますが、、、楽しいですね。

 名もなきさんの言うように、バンドの魅力はありますね。自分の場合、福山バンドに関しては演奏力の高さゆえのグルーブ感はやっぱりすごいなと思います。基は主に福山さんの求めるグルーブ→それに応えられる麻生さんのリズム→そこに合わせられる森田さん、横田さん、という構図かと。
 ただ回顧主義のつもりはないのですが、ハミングバードのケミストリー的なバンド感。無駄のない且つツボを押さえたアレンジと練習を重ねた一体感は、やっぱり特別だと今でも感じてます。 

 

 自分の言った〝魅力”も非常にざっぱなので、ツッこんで語りたい部分もありますが・・・、思うのは、それらの魅力が一つでいいのではなく、三位一体になってグっとくるのではないかと。
 WILD VOXにピンと来ないのは、その魅力がほんの一部しか見られないからなのかなと思ってます。
[2014/04/04 22:06] すー [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagashi.blog2.fc2.com/tb.php/903-30fea74b



07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。