流しの二人

  • Author: 流しの二人
  • ここにゃ何もありゃしない。




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

[F] マグノリア 

非王国民となった拙者なのだがw、新譜の情報が出始めると、やはりワクワクするもんダス。
てことで、久しぶりに、少しだけ文章を書いてみる気にもなったりするんである。
そんなマグノリア景気。


ジャケット。
そうか、まだ、アップライトを用いた構図がありえたのだった。
今度は 「リバースデイ」 とは違って、ジャケットと中身の印象が異なる、みたいなことにはなってなさそう、ではある。
マジックアワーを利用した良い色味で、かっちょいい。

タイトル曲がリリース時季にドンピシャな件。
映像や曲名等に比較的よくみられるモチーフだけれども、今までの作風からすれば、このワードチョイスは、もはや必然。

頭の2曲は一応季節順に並んでいるようだ (宮沢賢治的に 「風」 が9月なら、それ以降も季節に沿っている可能性がある、かもしれん)。
パッと見た感じ、6曲の中にアッパーな曲調のものはなさそうで、その点はちょっと残念な気もしたりする。
もっとも、1曲くらい元気な曲を入れるとするなら、この少数構成の中では、やはり1曲目。
てことで、アッパーorマターリ、どっちに転んでも、アルバムのドアタマには衝撃が潜んでそうでワクテカが止まらん!
まあ、その手の元気な感じの曲調はシングルの方で補完してちょーだい的なスタンスで作られていると、軽くヤバイのだが (シングルは現状、カップリング含めて、あまり期待できん。 トホホ)。

注目すべきは、果たして、この中に 『想い出をこえて』 の完成版はあるんだろうか、という点かすら。
ありえるとしたら、マグノリア、あるいはネロリーな気もするが、依然見送りの可能性も高かろう。

「モヘンジョダロ」 は、ちょいと前に拙者が投稿した電波詩群 (とあるWEB謎解き企画の序盤における進行順になっている) と若干関わりがあったので、少々噴いた。
いわゆる、ガラスの街 (ハミングの方とは関係ないヨ)。
この世界はひょっとすると、一度滅びた後の二周目かもしれない、的なお話と絡むスポットだ。
そういう方向で描かれるなら、反戦歌のようなものになっているのかもしれないな。
次の曲 (そして最後の曲) に 『長い祈り』 なるタイトルが来てしまう点にも、妙なリンクを感じた次第。

ともあれ、早く聴きたいんだぜ。

[2015/02/15 04:15] F | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nagashi.blog2.fc2.com/tb.php/918-9d81b811



07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。